プロフィール

らいむ

Author:らいむ
2005年4月にコザクラインコのきいちゃんを迎え、2016年12月に紋次郎を迎えました
毎日コザクラさんたちの愛らしさに癒やされています

ブログ村

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ

お迎えしてから


きい 2005年4月生まれ
2005年4月22日お迎え
可愛い女王様


紋次郎 2016年11月6日生まれ
2016年12月1日お迎え
やんちゃな王子様

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
きゅう 2005年4月生まれ
2016年8月23日旅立ちました

るる 2008年5月生まれ
2016年7月6日旅立ちました

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

Instagram

カウンター

フリーエリア



検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

お出かけ後の2鳥

深い森。から帰宅後、きゅうるるの初めての体験に、
のぞっちょさんから「(2鳥)変わりはないですか?」とご心配いただいていたのですが 

ふたりともとっても楽しかったようで
きゅうはむしろお出かけする前よりも元気になりました
(少し毛引き傾向でしたが、お出かけ後から少し収まっています)
z2002
同じ色のお洋服を着た可愛い男の子がいっぱいで、楽しかったね
 z2003
うれしそうなきゅうの様子に、きいは少々ご立腹?
神経質なところもあるきゅうですが、このお出かけはとても楽しかったようです

一方、思わずやんちゃな女王様ぶりをみせたるるは、
出かける前と全く変わりなくマイペース
z2004
ちょっと物思いにふけっていたりします
z2006
 もしかして、恋の予感!?

2鳥とも年の功(?)か、家族以外のインコさんたちを見ても
それぞれ(特にカルチャーショックも受けず)順応してくれたみたいで、よかったです。

リラックスできるよう、居心地のいいキャリーをご用意してくださったからかもしれませんし、
森。メンバーがみんな暖かく出迎えてくれたからかもしれません
(それぞれにタイプの子がみつかったからかも 笑)

のぞっちょさん、ほんとにありがとうございました
スポンサーサイト

森に迷い込んだ通院日 後編

きゅうとるるを連れて、のぞっちょさん家の深い森。についた私ときゅうとるる

うちの2鳥には、少しでも居心地がいいようにとキャリーを用意いただいていました
z1996
お水やご飯の用意もしていただいて、きゅうとるるもリラックスムード
のぞっちょさんとふたりでランチをとりながら、色々とおしゃべりをしている横で
きゅうとるるはのんびりお昼寝をしていました 

たくさんおしゃべりをした後に、いよいよ深い森に入らせていただいて
コトログ。の長男坊、コトちゃんとご対面
z1993
初対面なのに、物怖じせず手に乗ってきてくれたコトちゃん
愛嬌たっぷりのあまえんぼフェイスがとにかく可愛い!
シックなお洋服に色白なお顔が映えてとっても綺麗です

z1995
あむあむ優しくあまがみもしてくれて
私はすっかり悩殺されちゃいました

コトちゃんというと、強めのインコ臭がするということだったのですが
私が嗅いでみた限りでは、あまりわかりませんでした
うちのるるのほうがクサイような・・?
(においをかぐときに鼻をくっつけすぎて、のぞっちょさん大爆笑でした
z1997
のぞっちょさんによる、コトちゃんの香り確認中(笑)

 
そして、オレンジ色のお顔が愛らしい次男坊キクぴよちゃんとご対面
z1992
鮮やかなオレンジカラーにつるんとしたおでこがとっても可愛い!
キクちゃんは初め少ーし人見知りしていたみたいでしたが、
すぐに打ち解けてくれて、私の手にも乗ってポーズをとってくれました(*^^*)
涼しげな目元がとってもクールなハンサムボーイ

z1994
このムチっとしたふとももが可愛くて仕方ありませんでした


コトちゃん、キクちゃんと打ち解けてきた頃に、
まずうちのきゅうをキャリーから出してみました

きゅうは最初こそ私の肩から離れませんでしたが、
しばらくして慣れてくると、気に入った子のケージのところまで出かけて行きました
z1998
最初に釘付けになったのは、NMG1の末っ子チリちゃん(オパーリン系の男の子)のところ
身体が緑でお顔が赤い子を外で見るのがはじめてだったのかな?

その次は
z1990
NMG2のよもぎちゃん、わらびちゃん(ノーマルの男の子)

そして最後には
z1991
くこしゃんのことは気に入ったみたいで、ずっとお話していました

きゅうはノーマルカラーですが、ノーマル系のお洋服の子を見るのは多分初めて。
もしかしたら、小さいころ別れたパパ・ママを思い出したのか、
それとも、好みのタイプが実はノーマル系なのか・・?
初めて見るお友達に興味津々の様子でした。

最近少し落ち込み気味だったきゅうですが、
新しいお友達と会ったことが良い刺激になったらいいなって思います




のぞっちょさんの深い森には、可憐な美少女きまめちゃんがいます
z1985
淡いカラーにちんまりしたボディがたまらなく可愛い女の子

少し雰囲気が似ている、家のるると一緒に写真をとれたらいいな・・と思って
少し近づけてみたのですが。。
z1984
お互いの存在に気がついて・・

2羽同時に戦闘態勢(背中の羽を逆立てて怒っている)になってしまい、慌ててるるを引き離しました
z1986
(体格的に、ふ鳥気味のるるが圧勝しそうでした
雰囲気は似てるかなと思っていたのですが、気が合わなかったようで残念。。
きまめちゃんは、この後大好きなかりんちゃんのケージから離れませんでした


・・私、るるはおっとり優しい性格だと思っていたのですが、どうやらそうでもなかったようです。
この後も一緒に写真撮影をしようとしたコトちゃんを蹴散らして、遊び場所を独占(-_-;)
z1987
そこへやってきた、オレンジのイケメンくん
・・・るるちゃん、ここはキクちゃんのお家ですよ
z1988
るる、キクちゃんを気に入ったのか態度が豹変

z1989
恋が芽生えたわけではないのですが、キクちゃんとるるは一緒にいてもいい雰囲気でした
お友達になれるかな?

・・しかし、おっとり系だと思っていたるるは、実は女王様なのかな?(*_*;)
z1999
 蹴散らしてしまったコトちゃん、びっくりしたね、ごめんね(-_-;)

この辺りで、放鳥時間終了です



プチ放鳥の後ものぞっちょさんとお話に花が咲き
気がついたらすっかり遅い時間になってしまい
のぞっちょさんにはきび穂もおみやげにいただいてしまった上
z2001
駅まで送っていただいてしまいました 

初めてお邪魔させていただいたのに、すっかり長居してしまいました

初めてお会いしたのぞっちょさんは
気さくで話しやすい、でもとても細やかな気配りをされるとても素敵な女性でした 
(対して私はガサツですみませんでした(・_・;))

ブログのお友達とお会いするのは初めてで、ドキドキしていましたが
思い切ってお会いしてみてよかったな、って思いました(#^.^#)
のぞっちょさん、素敵な時間をありがとうございました



その頃、家のきい女王様は・・
z2000
お昼寝しながらいい子でお留守番してくれていました。
(きいは、狭くて暗いところが苦手なため、今回は自宅待機でした)

おりこうさんだったきいちゃん、今度は一緒にお出かけできたらいいな。 

森に迷い込んだ通院日 前編

昨日はるるの月に一度の通院日でしたz1960

今日は「コトログ。」ののぞっちょさんと待ち合わせをして一緒に病院に行きました
(のぞっちょさん家のくみんちゃんの通院日でした)
z1981
実は長年ブログを書いていて、ブログのお友達とお会いするのは
のぞっちょさんが初めて(^^*
少しドキドキでしたが、ブログのイメージ通りとても気さくな方で
お会いするなりお話が弾んでしまいました
昨日は病院が空いていたこともあってか、一緒に診察室に入りました。

るるは、この一ヶ月 はとても良い感じで、
一週間ほど前に少し左側の翼が動きにくい症状は出たものの
大きな発作は見ている限り起こらず、いい調子に思えました。
z1958
初!診察室でのるる
先生にニギニギ触診していただいています
心臓の音は、相変わらず少し雑音が聞こえるとのことでしたが
発作のほうも今の調子で服薬を続けてコントロールしていきましょう、とのことで
同じお薬をまたいただきました。

このところ、毛引き傾向のあるきゅうは
お留守番をさせると身体をかじってしまいそうな気がして(←過保護なのですが(-_-;))
付き添いで連れて来ていたのですが、先生にボディチェックをしていただき
z1959
首周りとフトモモ、あと少し腰のあたりを毛引きはありますが
他には特に問題はないとのことで、爪切りだけしていただきました。

この後、くみんちゃんの診察がありました。
(そちらの模様は、のぞっちょさんのブログで御覧ください)
くみんちゃんは、オパーリンらしい体格のしっかりした
でもとっても甘えん坊のいい子ちゃんでしたよ
みかん色のエリカラもとってもお似合いでした

診察が終わり、病院を出た後はのぞっちょさんの愛車で
ご自宅兼、噂の深い森。へと誘われて行きました・・・

そこできゅうが見たものとは
z1979
「あれは・・・!?」
z1962
この子は一体・・・?(みなさんご存知ですが(^^;))

つづく

(引っ張ってすみません 続きはたぶん、明日書きます!)

るる、きゅう通院

先週、「1週間後に様子を見たい」と先生にいわれていたため
予約をして、るるともう一度病院へ行ってきました
z1782
置いて行かれることにとてもとても抗議したので、きゅうもいっしょに通院です(^^;


まずはるる
・レントゲン画像の確認
→横から見た画像の、心臓の横あたりにうっすら白く血管がうつっていました(´・ω・`)
でも、先生に指摘されなかったら気づかないだろうなあ、という感じのもの(私の感想)でした。
z1781
z2097
過去の卵の一部は、卵管内にあるそうなのですが
これは(あくまでるるの場合)、今は特に心配しなくてもいいそうです
砂肝は、単純に「おお、砂がうつってる!」と感動したので丸をつけました(笑)

・心音の確認
→少し雑音が聞こえるとのこと。
ただ、それだけで病気の特定はできないので経過観察。
(身体の構造上、鳥さんにはエコー検査はできないらしい)

・てんかんの薬
→発作を予防するお薬をこれからも続行。
万が一発作が出て止まらなくなるようだったら、すぐに病院に来るようにとのこと。
(注射を打って鎮静させる必要がある)←これは前の病院でもいわれました
一度発作が出始めると、わずかな音に反応しておびえるようになるので気をつけないと。

・お薬の増量
→苦いお薬、実はお試しで少量だったそうです。
飲めていることが確認できたので、肝臓のお薬など必要な量まで増量しますとのこと。
ますますニガニガになっちゃうなあ(・_・;)

動脈硬化に心雑音・・ということで、心臓の調子があまりよくないかもしれません。
でも、お薬を飲んで・・・先生を信じて、気をつけながら見ていこうと思います
z1779
苦いお薬もちゃんと飲んで、てんかん発作も出ていなくてよかったってほめられました
あと、「女の子だけどガブしないって珍しいですね」って
病院慣れしすぎているのも原因かもしれませんが・・。

次回の通院は1ヶ月後で良いということで、お薬を多めにいただきました。



次はきゅう
せっかく一緒に来たので、健康診断をしていただきました
ここのところは、首周りの毛引きは少しありますが、自咬はありません。
→そのう、糞便検査、触診、心臓の音すべて異常なし
z1783
↑病院で撮られた写真 見慣れぬ若い男の人たちに囲まれ、恐怖のあまり顔がひきつっている(笑)

年齢的に、吐き気などの症状もないのであれば、
クリプトなどもおそらく問題ないでしょうということ。
(ある場合は7,8歳で症状が出る子が多いそう)
他の菌の場合も、保菌していればもっと若いうちに症状が出ることが多いらしいです。

エリカラの名残で首周りを抜いているのは仕方がない、ということですが
ただ首の後ろ側の皮膚が少し分厚くなっていたので、経過観察。
z1780
苦手なそのう検査をされたから、珍しく「何するんだよー!」ってすごい形相で怒ってたね
ただ、先週置いて行かれたときと違い、
今日は「一緒にお出かけした!」って満足感があったのか、帰宅してからも元気いっぱいでした(^^;
これから毎回連れていくわけにはいかないですが、
暖かくなって気候もよくなってきたので、時々近所にお散歩に連れて行ってみようと思います。
とりあえず(毛引き以外は)健康優良児でよかったです


きいは今日はひとりお留守番でした
z1778
きいちゃんは気候の良い日を見計らって、またゆっくり健康診断にいこうね。

きゅう・るるその後

その後のきゅう、だいぶ落ち着きました

四日前(2/10)
z1655
まだ不安げなお顔

二日前(2/12)
z1651
z1652
綿棒遊びに夢中

そして今日(2/14)
z1653
z1660
だいぶ表情も落ち着いて
首周り・お尻に生えてきていたお羽も開いてふわふわになってきました。
今回ばかりはもう生え揃わないかもと思っていたので、うれしいです(*^^*)

しばらくは不安そうにしていて、夜の放鳥時間が終わっても、いつまでも寝るのを嫌がって
z1650
背中を見せていじけたりもしていました
こういう時は、無理にケージに戻さず一緒に遊んでいましたが、
昨日・今日はみんなと一緒の時間にケージに戻って寝ることができました

エリカラもとれて、身体は元通りになってきましたが
自咬事件以来、放鳥時間中に私が少し考え事をしたりしていると
バタバタと急に部屋の中をぐるぐる飛びまわって注意をひこうとしたり、
寂しい声(いつもと違う「きゅん、きゅん」という弱々しい声)で鳴くときがあります
z1658
(2/9)
心配して、気を引こうとしているみたいです(´・ω・`)
遊びに夢中になっているかと思っていたら、ちゃんと見ているのですね。

身体は治っても、まだ気持ちは少し不安定な感じがするので
もうしばらく、注意して様子をみてあげようと思います。




ところで、先週足のことで通院したるるですが、その後全く症状の再発はありません。
「もしかしてすべて私の気のせいだったのかも・・?」、というくらい何もなくて
お薬が効いているのかな?
z1654
大好きな粟穂かじり中

元々、ペットショップにいたヒナっぴの頃から足の指が少しおかしくて
(内側の後ろ指が元々前に曲がっている)
それで、普段から変な風に足に力が入っているのも関係があるのかもしれないです。
z1659
(何かを召喚中?)

もうしばらくお薬を飲ませてみて、またお医者さんに話を聞きに行ってみようと思います。
このまま何事もなければ、それが一番なのですけどね。

 ホーム  »  次のページ