プロフィール

らいむ

Author:らいむ
2005年4月にコザクラインコのきいちゃんを迎え、2016年12月に紋次郎を迎えました
毎日コザクラさんたちの愛らしさに癒やされています

ブログ村

にほんブログ村 鳥ブログ コザクラインコへ

お迎えしてから


きい 2005年4月生まれ
2005年4月22日お迎え
可愛い女王様


紋次郎 2016年11月6日生まれ
2016年12月1日お迎え
やんちゃな王子様

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
きゅう 2005年4月生まれ
2016年8月23日旅立ちました

るる 2008年5月生まれ
2016年7月6日旅立ちました

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

Instagram

カウンター

フリーエリア



検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

さくちゃんお星さまに

昨日のことになるのですが、
文鳥のさくちゃんがお星さまになりました。

一時期は持ち直したかと思ったのですが、
お昼前にお迎えが来て
わたしが声をかけている中、
手の中で静かにお空に帰って行きました。

このブログはコザクラさんのことメインで、
あまり文鳥さんのことを書いてこなかったのですが、

さくちゃんは、仲良しだったつがいの相手
けんちゃん、アインちゃん、モモちゃん、モカちゃんと、
4羽を次々と見送ってきた子でした。

寂しかったと思います。
特にモカちゃんが4月に逝ってからは、鳴くことも少なくなり、抜け殻のようになっていました。

最期を手の中で看取らせてくれたさくちゃん、
とても親孝行な娘でした。
わたしの子になってくれて、8年間ありがとう。

一時期は10数羽いた文鳥さんがいなくなって
「チュン、チュン」と鳴き声が聞こえるのが当たり前だった部屋が、
とても静かに感じるようになりました

寂しいですが、
今は、先にお星様になった仲間たちのところで、楽しく暮らしてくれていればな…と思います。

bun6

まだ若鳥の頃のさくちゃん


お迎えした時期が重なっていた子も多かったせいか、ここのところお別れが続いていて、寂しい限りです。

コザクラさんたちとバウさんは元気です。
大事にしたいと思います。
スポンサーサイト

さくちゃんの調子悪いです

換羽が始まったと書いていた文鳥のさくちゃん。
bun141

モカちゃんが4月末に逝ってから、
気が抜けたようになっていた気はしていたのですが
bun138

換羽の影響もあってか、ここ10日ほどで急に弱りはじめ、
一昨日からはとうとう握力がなくなってきて、止まり木に上っては落ちるようになってしまいました。
bun139

かごの底を上げて餌をまいて落ちても大丈夫なバリアフリーかごにし、保温温度を上げて、栄養剤を与えて
…とにかく色々と手を尽くして様子を見ているのですが
bun137

さくちゃん本人の目から力がなくなってしまっているので、正直あとどのくらい持つのかわかりません。


ただ今は、心配が杞憂に終わればいいなと。
一時的に体力が落ちていただけだった…で済めばいいな、と思っています。

う~ん どうにも暗い記事ですみません。

モカちゃんお星さまに

本当に突然でした。

今日は雨だからいつも混んでいる獣医さんも空いているだろうと思って
8歳を迎えた鳥さんたちを連れて行こうと
朝早くからキャリーの準備やらをして

鳥さんたちもいつもより早く起こしたのですが
おはよう~とかごを覗いたときは、みんないつも通りでした。

ところが、そろそろ出かけようかと留守番予定のるるちゃんに話しかけていたところ、

朝8時過ぎくらいに、不意に隣の文鳥さんのかごから聞いたことのない声が。。

モカちゃんでした。
ついさっきまで止まり木に止まっていたはずのモカちゃんが、
かごの下でうずくまって、小さく震えてキュルル、キュルルと鳴いていました。

びっくりして、手に乗せて名前を呼んだのですが、
まだ身体は暖かく、柔らかかったのですが
再び目を開けることはありませんでした。

最近少し、好物のきゅうりを食べる勢いがなくなってたかな、とか
水浴びも若干消極的だったかなとか
思い起こせばたくさん心当たりがあるような気もするのですが

今年のお正月に卵を産んでびっくりさせたモカちゃん。
さくちゃんと同居するまで、すっかり元気がなかったのに

同居してからこの半年ほど、幸せそうだったな、幸せだったのかなぁ、と
なんだかまだ頭の中が混乱していますが、
今はそんなことをぼーっと思っています。

さくちゃんは、前に同居鳥を亡くしたときは呼び鳴きをしていましたが
今日はずっと上の足場に座ってしんみりしていました。

モカちゃんとさくちゃんは本当に仲が良くて、
餌ケースも2つついているのに、同じ入れ物で食べるほどでした。

文鳥さんは気性が荒いので、気が合わないことのほうが多くて
エサ入れは大体1羽に1個入れないと喧嘩して食べられない子が多かったですが
モカちゃんとさくちゃんはいつも一緒で、本当に仲がよかったです。

さくちゃん、文鳥さんひとり残されてしまいました。
隣のカゴからバウさんに呼びかけられても、反応しなくて
なんとなく元気がない様子です。

悲しい雨の日になってしまいました。

2004年の晩秋に、今は亡きシルバー文鳥のドナちゃんと一緒に家に来てくれた、
文鳥の里「弥富」の足環がついた、家では珍しい産地のわかる子でした。
d4

同じペットショップから来た雛の頃のドナちゃんとモカちゃん

bun132

8年半、家の子でいてくれてありがとう。

文鳥おばあちゃんずが、タマゴ!

今回は文鳥おばあちゃんズのお話ですが

今日現在見ての通り↓
bun122

「あたしたちのタマゴなの!」
ひゃああああああああ(゚д゚)!

さかのぼること1週間くらい前。
もう老齢だから足元もおぼつかないし危ない、と底網を外していた文鳥さんたちのかごの掃除をしていたら、「通常あるわけないもの」を発見

それはタマゴ!

ど、どっちが産んだのか!?
モカちゃんは8歳超えだし、さくちゃんも7歳半超えているし…
さ、さくちゃんか??と思っていたら…

モカちゃんでした(驚

モカちゃんもさくちゃんも、生まれてこの方産んだ卵といえば、2~4歳の若かりし頃にそれぞれ2~3個あったかなぁという程度。
しかも産みっぱなしで関心もなく終了という感じでした。

それが…
底網がないのも悪いのでしょうが、今回は床に転がっている卵を追いかけて、あちこちに移動しながら温めていたのです。

さすがにヒーターから遠い場所で座っているのは寒いだろうと、見かねて植木鉢の水受けの皿に卵と偽卵を混ぜて、置いておくと…

bun123

最初はモカちゃんが熱心に温めはじめ、

冷ややかに見ていたはずのさくちゃんも共同作業に加わって
bun125


bun124

最初の写真のような「二人で並んでおたま温め(はぁと)」状態になっちゃったのでした…

まさか8歳超えで産卵とか…びっくりです。
まず心配したのですが、とりあえず産卵は4個でストップし、今は偽卵の混ざった卵たちを温めている状態です。

とりあえず様子を見て、疲れてきたら撤収する予定ですが
まぁ色々びっくりしました。

さくちゃんと同居する前のモカちゃんは、かなり「老い」を感じさせるようになってきていて、夜中に止まり木から落ちてあたふたしていたり、普段もボケーっとしているところが多かったのですが、完全に若返った感じです。

多分、モカちゃんの目にはサクちゃんがイケメン男子に見えているに違いないと思います。


発情や産卵が身体に障るとか一応色々心配ではあるのですが
さくちゃんとモカちゃんが並んで座っている姿が
かわいすぎて悶絶しているのが正直なところ(*´ω`*)…
いけない飼い主です。ほんとに。

ちなみに生まれた卵は、すべて極めて健康で殻もしっかりした無精卵です。
ほんとに驚きです。

発情対策は色々しているはずなのですが、同居相手に惚れて元気になって、それで卵を産んじゃっているならどうしたらいいのか、…難しいです。

メリーメリークリスマス♪

世の中昨日が盛り上がりのピークだったようですが、
地味に我が家では今日がクリスマスで盛り上がっておりました。

さて、小鳥さんたちの近況ですが
まず文鳥さん

bun120

今までそれぞれ同居していた男の子文鳥さんがなんだったのか…
というくらい、ベタベタな女の子二羽です。仲良しです。
bun121

粟穂をクリスマス仕様に丸めてみました。
カメラにちょっと怯えてますが、バリバリ食べていました♪

そしてコザクラさん
kikyu136

きいちゃんときゅうちゃんは相変わらず仲良しです。

ruri148

るるちゃんはカキカキが足りないと、かごに入らないで待っている(!)
という可愛さ(*´∀`*)

なのでいつも、カキカキもにゅもにゅしております。
水浴びをしても乾かすのが遅くて、身体が冷えてしまうのでタオルで水をとってあげています。超過保護です。

なんだかんだいっても一度大病をしてしまうと風邪をひきやすくなっているようなので要注意です。


で、クリスマスですが

今年はとうとう、鳥部屋の飾り付けを豪華にしてみました!
tori24

去年はスヌーピーの電飾だけだったのが、ツリーとキラキラモールも追加!(笑)
tori23

全体だとこんな感じです(笑)

本当は放鳥中はかじったりするとあまりよくないので、撮影のときだけコザクラさんたちのかごの入り口をちょっと開けました。

よーく目を凝らすとコザさん3羽、文鳥さん2羽、マメさん1羽(←非常にわかりにくい)が見えるはず…

そして今年食べたケーキ
mame598


もう今年もあと1週間足らずですね。
皆さま、良いお年をお迎えください!

今年もメリークリスマスです゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

 ホーム  »  次のページ